22歳の頃、友人A子から相談を受けました。

占い師をすごいと思った体験談
New Entry
占い師をすごいと思った体験談

57才、男性のエッセイ : 22歳の頃、友人A子から相談を受けました

22歳の頃、友人A子から相談を受けました。
A子は、以前は活発で明るく気立ての良い子だったので一緒にいていつも楽しい女の子でしたが、1年位前から彼氏が出来たらしく、2人で会う機会も少なくなり、たまに会っても様子がおかしいなと感じていました。

そんなA子に、突然「相談したい事がある」と呼ばれて会う事になりました。
もう、彼氏とは別れたらしいのですが、変な頭痛や体調の悪さから毎日悩んでいると言うのです。
私にはどうする事も出来ないので、2人で近所の占い師に見てもらいに行きました。
占い師は、「大体分かりました。
私が教える所に行って見てもらった方が良い」と言い、お寺を紹介されました。

電話で予約した後、2人でそのお寺に行きました。
そこには、霊媒師のような女性が座っていました。
そして、彼女を少し見ると「水子が貴方の身体をいじめている」と言いました。
彼女は、実は子供を中絶したらしいのです。
その子がこの世の未練で彼女を苦しめていると言うのです。
しばらく霊媒師の供養の儀式をした後、水子への供養の仕方を教わり、しっかりメモしてその通りの供養をしました。

1週間後にまたそのお寺に2人で行った時には「もう大丈夫です」と言われ「毎日その子のために黙祷しなさい。ごめんなさい、と言いなさい」と言われました。
その後、彼女はその教えを続け、体調は回復したと言っていました。

私は他人事ながら、本当にそんな事があるのだと怖くなったものでした。
どんな命でも粗末に扱ってはならないと教えられました。